2017年8月3日木曜日

中央防波堤埋立地の帰属問題に関しヒアリングを受ける。

 昨日午前9時より東京都庁に於いて、本区と大田区の間で論争が続いている中央防波堤埋立地の帰属問題に関し、都が選出した3名の自治紛争処理委員から山﨑区長、私、大井副区長、押田政策経営部長ら江東区の行政、議会代表者がヒアリングを受けました。ちょうど1時間30分にわたり本区の主張を述べると同時に、処理委員の先生方からの質疑に回答して参りましたので以下ご報告させて頂きます。
 まず、今回の処理委員は以下3名の方々です。
○泉 徳治氏(代表委員)
弁護士、昭和58年、最高裁判所調査官として、筑波山頂境界確定請求事件を担当。
平成14年から21年まで最高裁判所判事。
○佐瀬 正俊氏
弁護士、平成22年、総務省自治紛争処理委員として、佐賀・長崎県における海砂採取区域境界確定事件を担当。
○木村 俊介氏
明治大学公共政策大学院・ガバナンス研究科教授。現在八王子市立地適正化計画懇談会委員

 まず、山﨑区長、そして区議会議長としての立場の私からそれぞれ本件に関する江東区の主張を述べさせて頂きました。区長からは特に昭和40年~50年代に清掃車の往来で一区民として悪臭・汚汁やハエの発生等に悩まされたこと、調停申請までの経緯、さらに本区に帰属すべきとの論拠につき発言がありました。この論拠としては大きく3点あり、
①埋立地造成に係る歴史的沿革、②行政上の便益、③将来的な土地利用を挙げました。
①については、言うまでもなく本区の13号地(現在の青海)、夢の島、若洲そして中防はゴミの埋め立てにより造成されたが、多くの清掃車が区内を走行して区民の生活環境は悲惨を極め、まさにその犠牲の上にあったこと。また②に関しては、既に昭和40年代後半には中防に向かう本区青海からの橋(のちに第二航路トンネル)が架かり、埋立地に係る東京都との行政実務は既に50年にわたり本区が担っていること(大田区側からは平成14年に初めて城南島から海底トンネルで繋がった)。③については、3年後のオリ・パラ東京大会の競技会場も含め、本区の南部地域と当該埋立地が都民のスポーツ・レジャー拠点や憩いの場として整備する構想を示しました。
さらに大田区が帰属の論拠としている海苔の養殖場に関する反論として、ご自身のご両親が海苔の養殖場を営んできた経験から、現在の中防一帯での養殖に関して疑問を呈する発言がありました。
 次に私からは、平成3年の初当選以来、中防のゴミ埋立地の延命化に関して先輩・同僚議員と共に最重要課題として真摯に取り組んできたこと。中防内側には既に数々の廃棄物に関する施設が整備されているが、当該施設に関する行政協議はこれまで本区のみが担ってきていること(例:PCB処理施設)。さらに将来の利活用については、本区の有明コロシアム、辰巳国際水泳場、夢の島陸上競技場、体育館、若洲海浜公園・ゴルフリンクス更には新設される五輪関連会場を例に挙げ、ゲートブリッジで繋がる中防にある海の森を始めとする地域の将来像について持論を展開させて頂きました。また、私の趣味の一つである海釣りでの経験(神奈川県伊勢町海岸における海苔の養殖の実態)から、大田区の海苔養殖場を根拠とする主張に反論を加えました。
 以上挙げた以外にも、詳細にわたり根拠を示し、本区の帰属を主張させて頂きました。調停は恐らく本年10月中旬にも示されると思いますが、処理委員の皆様の公平かつ合理的なご判断を期待しております。
 また、多くの皆様から本件に関するご意見、ご質問など頂戴したいと考えておりますので宜しくお願い申し上げます。


2017年7月5日水曜日

中央防波堤埋立地の帰属問題について

 本区の長年の課題であった中央防波堤内側及び外側埋立地の帰属問題に関して、明日江東区議会は午後一時から本会議を開き、地方自治法に基づく自治紛争調停を東京都に申請する議案を全会一致で可決する予定です。
 既にご報告した通り、先月22日に江東区、大田区の両区長と太田区議会議長、私が都庁を訪れ、この帰属問題に関して最終協議を行いましたが、双方に歩み寄りはなく、東京都に対して調停を申請することを表明しておりました。大田区議会は既に議案を可決致しましたが、本区議会は都議選期間中は休会となっていたため、明日の最終本会議で議案を審査、可決の運びとなっています。私は平成3年の初当選以来、本区のごみ問題、特に清掃工場未設置区に対する建設の呼びかけ(いわゆる第二次ゴミ戦争)、あるいはその後の自区内処理の原則の事実上の撤回(清掃工場の全区設置の断念)、ごみ問題を考える会の運動に伴う、清掃一組への負担金の各区間の調整など様々な場面に立会い、その都度先輩、同僚議員と共に行動し意見を述べて参りました。この帰属問題もこのごみ問題と密接に関連のある課題で、東京都に調停を申請するこの時期に議長の職に就いていることについて非常に感慨深いものがあります。
 私たちが当該埋立地の本区への百%の帰属を主張していることに対し、大田区側も様々な理由から同様の主張を続けています。そして、概ね一か月以内に東京都の調停委員(3名と聞いております)が本区にヒアリングにお見えになるとの話を聞いておりますが、改めて皆様にも何故本区が帰属を主張してきたのかご説明する機会を持ちたいと考えております。



2017年7月4日火曜日

都議選終わる。自民惨敗、小池知事派が過半数。

 7月2日投開票のあった都議会議員選挙(定数127)は、小池知事率いる「都民ファーストの会」が都議会第1党に躍進、公明党などを合わせた小池知事の支持勢力が過半数を超える当選を果たしたのに対し、私の所属する自民党は現有57議席からまさかの23議席と激減しました。
 私の地元江東区では、支持した山﨑一輝候補が第二位で当選。私も選挙期間中は同候補の日程作り等に参画し、地元の支持者の皆様と一緒に戦いを進めました。自民党大苦戦のなか勝利を収めることができたのもひとえに支持者の皆様の応援の賜物と深く感謝申し上げます。最終結果は以下の通りです(敬称略)

江東区(定数4)
◎白戸太朗  都民新 45、614票
◎山﨑一輝  自民現 37、970票
◎細田 勇  公明新 36、533票(都民推薦)
◎畔上三和子 共産現 29、804票
 柿沢幸絵  無所現 25、908票(都民推薦)
 高橋恵海  自民新 21、059票 
 大沢 昇  民進前 15、409票
 古賀美子  無所新  3、171票
 表奈就子  諸派新  1、403票
 
 また、江東区の投票率が54.56%で、23区のなかでは北区、文京区に次いで第3位になったことは、まさに激戦であったことが裏付けられたと考えます。また新聞等報道にある通り、自民惨敗の背景には、安倍首相の政権運営、森友・加計学園をめぐる疑惑、稲田防衛相の問題発言、国会議員の暴言報道等々があげられ、またマスコミの過剰とも思われる報道にあったと言わざるを得ません。自民党都連の下村会長始め五役が既に辞任を表明されましたが、昨年夏の都知事選以降の党運営、例えば東京十区(小池知事の地元)における衆議院補欠選挙への対応など、党所属の区議会議員である私の目からも首をかしげざるを得ない数々の場面があったことは大変残念であります。個人的に言えば、私の秘書時代の同僚であった中央区の石島候補、後輩の武蔵野市の島崎候補、都連青年局幹事長時代の局長であった南多摩の小礒候補、過去の議長時代に交流のあった豊島の堀候補、台東の和泉候補などが軒並み落選されてしまったことは、慚愧に堪えません。
 このような状況の中、山﨑候補が激戦を勝ち抜いたこと、高橋めぐみ候補も二万票以上の票を獲得して善戦し、二人で五万九千票の得票があったことは江東区の自民党として一定の評価を頂いたと自負をしております。今後、安倍首相の国会運営が注目され、また新しい議会構成となる東京都政からも目が離せず、更に言えば、築地市場の豊洲移転や三年後に迫ったオリンピック・パラリンピック東京大会の準備、中央防波堤埋立地の帰属問題等々、江東区に大いに関連のある課題について、私も区議会議長として真摯に取り組んでいきたいと考えております。

2017年7月2日日曜日

東京都議会議員選挙について

9日間にわたる都議選の運動期間が終了しました。私が担当しました山﨑一輝候補に対する皆様の応援に心から感謝申し上げます。
さて、今回の選挙についてまず江東区の期日前投票の結果について以下ご報告致します。

6月24日 1,211票
  25日 5,399票
    26日 4,504票
  27日 5,024票
  28日 5,065票
  29日 6,532票
  30日 6,897票
7月1日 13,342票
合計   47,974票

4年前の前回都議選に比べ、約19,000票の増加で、簡素化された手続き、投票所の増加などがその理由として挙げられると思います。さて、マスコミ各社はこの期日前投票の出口調査を行っていますおりますが、社によって数字がまちまちであります。ただ共通していることは、期間の前半は自民党公認候補者の得票が堅調であったものの、森友や加計学園の問題、豊田代議士の暴言報道、稲田大臣の失言等々自民党の不祥事が報道されるにつれて、週末の7月1日に向けて急速に自民党候補者への投票が激減しているとのことです。また、全体の投票率が高くなれば、小池知事率いる都民ファーストの公認、推薦候補者に有利で既成政党の候補者にとっては厳しいとの調査結果も共通した見方です。
上述したように、前回に比べ期日前投票数も1.6倍強で、昨年夏の小池知事の就任以来、3年後のオリンピック・パラリンピック東京大会や築地市場の豊洲移転問題等都政の課題が全国的なニュースとして取り上げられたこともあり、前回投票率(江東区46%強)を大幅に上回ることが予想されます。
この調査結果から山﨑候補には大変厳しい状況とは思いますが、本日夜の開票結果を見守りたいと思います。

2017年6月24日土曜日

都議会議員選挙がスタート

 昨日、東京都議会議員選挙が告示され、9日間にわたる選挙戦がスタートしました。江東区は定数4で次の9人の方が立候補しました(届け出順・かっこ内は年齢・丸数字は当選回数)。

白戸 太朗(50)都民新
高橋 めぐみ(48)自民新
細田 勇(56)公明新・都民推薦
山﨑 一輝(44)自民現②
柿沢 幸絵(47)無現③・都民推薦
大沢 昇(52)民進前③
古賀 美子(48)無新
畔上 三和子(61)共産現②
表 奈就子(33)幸福新

以前にも書きましたが、私の所属する自民党は現職の山﨑氏と新人で元区議の高橋氏を公認しました。今回の都議選は、昨年夏の小池都知事就任後初の選挙で、自民党が都議会第1党を保てるか、また小池知事が率いる都民ファーストや選挙協力する公明党などの知事の支持勢力が過半数を得るのかが焦点で、今後の安倍首相の政権運営にも影響のある選挙と見られています。
二人の候補者の擁立を決めた自民党区議団は、昨年のうちから協議を続け、私は山﨑候補の選挙責任者として選挙戦を進める立場になりました。高橋候補もこの十年間自民党の区議として共に活動してきた仲間ですが、14人の区議団が団結して二名当選を目指しています。また公明の細田候補や共産の畔上候補もかつて同じ区議を務めた候補者で、私にとっても大変身近な選挙となっています。
昨日は高橋、山﨑両候補の出陣式に出席しましたが、今日は午後3時から地元の大島中の橋商店街を山﨑候補、丸川珠代五輪担当大臣とともに徒歩遊説する予定です。また来週木曜日の29日には午後7時から大島2丁目の第一大島小学校で私が主催する山﨑候補の個人演説会を開催致しますので、是非ご参加頂きますようお願い申し上げます。

2017年6月21日水曜日

中央防波堤の帰属問題で明日四者協議

急なお知らせですが、明日6月22日午前10時から東京都庁に江東区、大田区の区長、議長の四者が集まり、長年の懸案事項であった江東区青海地先の中央防波堤埋立地の帰属問題に関する最終協議が行われることが決定致しました。
昨年の両区長によるトップ会談以降、事務方で協議を進めて参りましたが、双方の主張に歩み寄りがなかったため、最終協議がもたれることになったのです。この席で合意に至らなければ、自治間紛争調停を東京都に委ねざるを得ず、私も議長として相当の決意をもってこの協議に臨む覚悟でおります。この協議の模様はNHKを始めマスコミを通じて皆様のもとにも届くと思いますので、是非注目して頂きたいと思います。都議選を前に、本区の豊洲市場の問題も報道されておりますが、この帰属問題も本区の最重要課題の一つと認識しています。結果につきましてはこのブログ上でご報告する所存です。

2017年5月25日木曜日

江東区議会第66代議長に就任

 本日開催された区議会臨時会において、同僚議員のご推挙を頂き、第66代区議会議長に選出されました。私にとって平成15~16年、同22~23年、同26~27年に引き続き4回目の議長となります。
 ご推挙頂いた同僚議員の皆さんに感謝申し上げるとともに、長い間ご支援を頂いている後援者の皆様にも心から御礼を申し上げたいと思います。
 就任直後の挨拶でも申し上げましたが、いま本区は築地市場の豊洲移転、中央防波堤の帰属問題、また2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の準備等々多くの課題を抱えております。山﨑区長率いる理事者の皆さんと43名の同僚議員が互いに情報を共有し、議論を重ねてこれらの課題解決に向けて前進していきたいと考えております。これから従来に増して多忙な日々を送ることになりますが、初心を忘れず、これまでの経験を活かし議会活動に汗をかいて参りますので、皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。