2019年6月14日金曜日

区議会第二回定例会で代表質問

 去る12日、区議会第二回定例会で自民党を代表して大綱4点にわたり質問させて頂きましたので、その概要を以下ご報告致します。

1.新しい長期計画について
Q:新しい長期計画は令和2~11年の期間で区の基本的な施策の方向を示すものであるが、現在の進捗状況と今後の予定は?また令和6年、11年時点での計画人口の見通しは?また分野別(現在の長計は5分野)計画、重要課題、重点プロジェクトはどのように考えているのか。
A:本年4月から長期計画策定会議(学識経験者と公募区民で構成)において、骨子案をもとに様々な意見聴取を行っている。今後、7月11日号の区報で素案を周知し、パブコメを実施する。区議会へは12月の全協と来年2月の定例会で意見を伺う予定。計画人口は6年で54万8千人、11年で57万3千人と見込んでいる。分野別には現状と同じく5分野を、重要課題等については検討中だが、当然、地下鉄8号線、千客万来施設等は取り込む予定。また2020オリパラ後のレガシーの活用、超高齢化社会・子育て教育環境・防災対策・公共施設の整備に加え、新庁舎整備に向けた検討も視野に入れている。

2.豊洲市場と地下鉄8号線の延伸、千客万来施設について
Q:昨年10月に豊洲市場が開業したが、前提条件であった8号線の延伸について、今年3月末までに事業スキームを都が示すと約束したにも拘らず、3月の所管委員会で具体的な報告が無かったことは極めて遺憾。今後どのようなスタンスで都に対して要望していくのか?千客万来施設は2023年4月に万葉倶楽部が本格稼働するが、それまで都はどのような賑わい創出事業を考えているのか。また本区の既成市街地から豊洲までのバス路線の充実を引き続き都に求めるべきだが、区独自のコミュニティバスの考えはないか?
A:3月の都の報告は「東京メトロによる上下一体方式・地下鉄補助活用」のみで極めて不十分。財務省の判断も重要だが、都が主体性を発揮して事業化に向け国や東京メトロとの調整を進めることが急務であり、厳しく対処していきたい。千客万来施設については、来年1月末に5街区で場外マルシェ(20店舗以上の飲食・物販が運営)が開業予定。
区内のバス路線は都交通局が担っており、コミュニティバスの新設は慎重にならざるを得ないが、引き続き城東地区と豊洲を結ぶバス路線の充実を都に求めていく。

3.本区の教育課題について
(1)新学習指導要領の英語教育について
Q:来年度から新学習指導要領による小学校での英語教育が始まるが、具体的な中身は?また、教諭に対する研修はどのように行っているのか。
A:本区の英語スタンダードを柱に、3・4年生で外国語活動、5・6年生で「話す・聞く」だけではなく「読む・書く」も含めた外国語科を実施する。青海の「TOKYO GLOBAL GATEWAY]も活用したい。教員への研修は、全小学校の外国語担当教員に文科省の研修を受講した教員が研修を実施している。
(2)小中一貫校に対する評価検証について
Q:昨年開校した有明西学園と開校8年目の有明小中についての評価は?また今後の本区の小中一貫校に対する基本姿勢について問う。
A:有明西学園は、異年齢活動の充実や一部教科担任制の実施など義務教育学校の特性を活かす工夫があるが、校種別の研修への参加や打合せ時間の確保等に課題が見受けられる。有明小中も連携教育の成果が着実に上がっている。小中一貫校への移行は、中高一貫校への進学希望や地域性、立地条件等を考慮しながら進める必要がある。英語教育も含めた小中学校の連携をより深めていきたい。

4.幼児教育・保育の無償化について
Q:平成15~30年の本区の幼児の状況は、0~5歳児全体で約1万人増加し、区立及び私立幼稚園の幼児数は30年で若干増の4400人、保育園に通う幼児は3倍増の15700人となっている。また、今年4月の保育待機児数は国基準で51名で区の保育新設への努力を評価したい。今年10月から原則幼稚園、保育園に通う3~5歳児の保育料はゼロとなるが、負担が生じるケースはあるのか?また保育園における給食の副食部分の負担は?
A:認可外保育施設は国が3万7千円、区が上限1万3千円の範囲で補助し、超過分は利用者負担となるが、新たな負担が生じないよう対応したい。副食部分の負担は検討中。
Q:無償化による区の財政負担はどの位となるのか?また今後の区の区立幼稚園の運営の考え方は?さらに無償化により新たな保育需要が掘り起こされる可能性があるが、区の基本的な方針は。
A:事業費そのものは拡大するが、今回の施策で国が1/2、都が1/4の負担をすることにより負担割合が増え、区の負担は幼稚園で約3億円、認可保育園で約5億円の減と見込まれる。区立幼稚園は来年度から3歳児保育と預かり保育を2園で実施するが、保護者ニーズの変化等を捉えながら運営形態の見直しを図りたい。今後共保育需要を的確に把握してサービスを提供していく。

以上ですが、詳細については、まもなく江東区議会インターネット中継の録画でアップされますので是非そちらをご覧頂きたいと思います。

2019年6月8日土曜日

区議会第二回定例会で代表質問

 来週12日(水)午後1時から選挙後初の本会議(令和元年第二回定例会)で私は自民党を代表して以下の大綱4点について質問致します。

1. 新しい長期計画の策定について
 (1)現在までの進捗状況と今後の予定について
 (2)計画人口について
 (3)分野別計画、重要課題、重点プロジェクトについて
2.豊洲市場と地下鉄8号線、千客万来施設について
 (1)地下鉄8号線の延伸について
 (2)千客万来施設の開業について
 (3)市場へのアクセス向上のための区の姿勢について
3.本区の教育課題について
 (1)新学習指導要領における英語教育について
 (2)小中一貫校の評価検証について
4.幼児教育・保育の無償化施策について
 (1)無償化施策の中身について
 (2)区の財政負担について
 (3)今後の幼稚園・保育園の運営について

以上ですが、区議会インターネット中継が午後1時から予定されておりますので是非ご覧頂きたいと思います。

2019年5月25日土曜日

区議会第1回臨時会が開催されました。

 先月の区議選後、初の本会議が開催され、当選した44名の議員が出席、議長副議長を始めとする新しい議会の構成が決まりました。議長には自民党の米沢和裕議員(江東区では初の親子二代にわたる就任です)、副議長には公明党の佐竹としこ議員が選出されました。私は選挙後初の自民党議員会で幹事長に就任、さらに昨日議会運営委員長に就任しました。
 選挙後の議会構成をどうするか、今月の14日から断続的に各派代表者会を開催して、協議を続けてきましたが、ポイントは副議長ポストでした。従来は話し合いで議会の第一会派から議長、第二会派から副議長を選出しておりましたが、今回、第二会派(11人)が立憲民主党(5人)、国民民主党(2人)、無所属(4人)から構成する形となり、私たちの会派から、多数会派ではなく多数を占める政党から副議長を選ぶべきとの声が強くあがり、結局多数第二党の公明党から副議長を選出する形となりました。ただし、その他の役職に関しては、ドント方式によって常任・特別委員会の正副委員長などを構成することになりました。会派より政党を重視した形で副議長を選びましたが、区民の皆様にも是非ご理解を賜りたいと思っています。
 議会運営委員長はまさに議会運営の要であり、非常に責任の重たい役職でありますが、さらに精進を重ねて職務に励んでいきたいと考えております。

2019年4月22日月曜日

おかげ様で当選させて頂きました。

 本日開票のあった江東区議会議員選挙で8回目の当選を果たすことが出来ました。ご支援頂いた皆様に心から感謝申し上げます。前回選挙より400票余り得票を減らしたことはひとえに私の不徳の致すところであり、今後原点に立ち返り、日々の活動を見つめ直す必要があると痛感しております。ともあれ四年間の信任を頂きましたからには、今まで以上に精進して区政に取り組んでいきたいと考えています。




2019年4月20日土曜日

選挙戦終了しました。

 4月14日に告示された江東区長・江東区議会議員選挙が本日終了しました。7日間の選挙戦でしたが、選対の皆様の本当に親身なご協力で、結果はともかく私にとって悔いのない戦いが出来たと思っています。ご協力賜りました皆様に心から感謝申し上げます。


2019年4月17日水曜日

えのもと雄一個人演説会のお知らせ

 私の選挙の集大成とも言える個人演説会を下記の通り開催させて頂きます。私の政治信条や今後めざすべき施策などを聴いて頂きたいと思います。金曜日のお忙しい時間帯とは存じますが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げます。
 日時:4月19日(金)午後6時30分より
 場所:江東区総合区民センター(西大島交差点)

選挙戦中盤戦

 昨日、今日と良いお天気が続き、私も早朝から夜遅くまで精力的に選挙運動を展開させて頂いております。地域の皆様と一緒に地元をくまなく歩き、政策を訴えていますが、スタッフの皆様には心から感謝、感謝です。